• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逃避行から35年ぶりに祖国の地を踏んだ岡田嘉子

<1972年11月>

 11月13日午前11時、日航機440便は定刻よりも15分早く羽田空港に到着した。ショール、コート、スラックス、靴、上から下まで黒で固めた岡田嘉子(当時70)が姿を現し、タラップを一段一段ゆっくりと降りてきた。胸には亡夫・滝口新太郎の遺骨を抱えていた。嘉子にとって35年ぶりの故国だった。

 演出家の杉本良吉と樺太・北緯50度線(当時の日ソ国境線)を越えたのは38年1月3日のことだった。嘉子35歳、杉本30歳の時である。嘉子には竹内良一という伴侶、杉本にも病身の妻がいた。数日後に新聞が報じ、世間は人気女優の突然の逃避行に騒然となった。

 嘉子がスキャンダルで騒がれるのはこれが最初ではなかった。27年3月、映画「椿姫」の撮影中に事件は起こった。ヒロインを演じる嘉子と相手役の竹内良一が揃って失踪してしまったのだ。嘉子は村田実監督と反りが合わず、たびたびぶつかっていた。竹内に相談すると、2人は衝動的に駆け落ちを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る