逃避行から35年ぶりに祖国の地を踏んだ岡田嘉子

公開日:  更新日:

<1972年11月>

 11月13日午前11時、日航機440便は定刻よりも15分早く羽田空港に到着した。ショール、コート、スラックス、靴、上から下まで黒で固めた岡田嘉子(当時70)が姿を現し、タラップを一段一段ゆっくりと降りてきた。胸には亡夫・滝口新太郎の遺骨を抱えていた。嘉子にとって35年ぶりの故国だった。

 演出家の杉本良吉と樺太・北緯50度線(当時の日ソ国境線)を越えたのは38年1月3日のことだった。嘉子35歳、杉本30歳の時である。嘉子には竹内良一という伴侶、杉本にも病身の妻がいた。数日後に新聞が報じ、世間は人気女優の突然の逃避行に騒然となった。

 嘉子がスキャンダルで騒がれるのはこれが最初ではなかった。27年3月、映画「椿姫」の撮影中に事件は起こった。ヒロインを演じる嘉子と相手役の竹内良一が揃って失踪してしまったのだ。嘉子は村田実監督と反りが合わず、たびたびぶつかっていた。竹内に相談すると、2人は衝動的に駆け落ちを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る