逃避行から35年ぶりに祖国の地を踏んだ岡田嘉子

公開日: 更新日:

<1972年11月>

 11月13日午前11時、日航機440便は定刻よりも15分早く羽田空港に到着した。ショール、コート、スラックス、靴、上から下まで黒で固めた岡田嘉子(当時70)が姿を現し、タラップを一段一段ゆっくりと降りてきた。胸には亡夫・滝口新太郎の遺骨を抱えていた。嘉子にとって35年ぶりの故国だった。

 演出家の杉本良吉と樺太・北緯50度線(当時の日ソ国境線)を越えたのは38年1月3日のことだった。嘉子35歳、杉本30歳の時である。嘉子には竹内良一という伴侶、杉本にも病身の妻がいた。数日後に新聞が報じ、世間は人気女優の突然の逃避行に騒然となった。

 嘉子がスキャンダルで騒がれるのはこれが最初ではなかった。27年3月、映画「椿姫」の撮影中に事件は起こった。ヒロインを演じる嘉子と相手役の竹内良一が揃って失踪してしまったのだ。嘉子は村田実監督と反りが合わず、たびたびぶつかっていた。竹内に相談すると、2人は衝動的に駆け落ちを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る