ソルティー・シュガー“走れコウタロウー”発売直前にリーダー急死

公開日: 更新日:

■1970年5月

 早口の競馬中継ナレーションがウケて大ヒットしたコミックソング「走れコウタロー」。歌っているのは4人組フォークバンド“ソルティー・シュガー”だが、レコード発売直前の70年5月にアクシデントが起きる。

 同バンドは都立日比谷高校の同級生を中心に山本コウタロー、池田謙吉、佐藤敏夫、手塚通夫、高橋隆らが結成。高卒後デザイナーを目指す佐藤が脱退したが、名前だけでも残そうと「さとうとしお」を「砂糖と塩」に読み替えた「ソルティー・シュガー」にした。

 ほかの4人は大学進学後の69年12月に「ああ大学生」でレコードデビュー。しかし、売れず、メンバーはいつも千代田区の北の丸公園で練習をしていた。これにいつも遅刻したのが山本。集合場所ではほかのメンバーが山本に「走れ、走れ、コウタロー」とはやし立てながら歌うのが常でこれがきっかけとなり、「走れコウタロー」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る