日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソルティー・シュガー“走れコウタロウー”発売直前にリーダー急死

■1970年5月

 早口の競馬中継ナレーションがウケて大ヒットしたコミックソング「走れコウタロー」。歌っているのは4人組フォークバンド“ソルティー・シュガー”だが、レコード発売直前の70年5月にアクシデントが起きる。

 同バンドは都立日比谷高校の同級生を中心に山本コウタロー、池田謙吉、佐藤敏夫、手塚通夫、高橋隆らが結成。高卒後デザイナーを目指す佐藤が脱退したが、名前だけでも残そうと「さとうとしお」を「砂糖と塩」に読み替えた「ソルティー・シュガー」にした。

 ほかの4人は大学進学後の69年12月に「ああ大学生」でレコードデビュー。しかし、売れず、メンバーはいつも千代田区の北の丸公園で練習をしていた。これにいつも遅刻したのが山本。集合場所ではほかのメンバーが山本に「走れ、走れ、コウタロー」とはやし立てながら歌うのが常でこれがきっかけとなり、「走れコウタロー」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事