若山&仁美夫妻 クスリに走って“金欠生活”エスカレート

公開日: 更新日:

 2世タレントの面汚しである。覚醒剤所持の現行犯で逮捕された若山騎一郎(49)と尿検査で使用が判明した妻の仁美凌(33)。2人は揃って先月30日に身柄を送検。

 故若山富三郎の息子と、故上原謙の娘という芸能界の大物2世カップルだが、夫婦の絆が覚醒剤吸引だったとは、驚きを通り越して哀れというしかない。
 事情に詳しい関係者がこう話す。

「若山が監督を務めたDVD映画に出演した女優へのギャラ未払いも明らかになりましたが、とにかく収入もないのに浪費家だからぜんぜん金がない。若山は父親の若山富三郎と叔父の勝新太郎の思い出をつづった自伝本の出版を複数の出版社に持ち込んでいたことも判明。出版にこぎつけたらそれを原作にして映像化する計画だったそうです。今は弁護士を雇う金にも窮しているとか」

 初犯なので執行猶予付きの判決になるだろうが、覚醒剤ほど再犯率の高い犯罪もないだけに、心配の種は尽きない。

 今回の一件で大迷惑なのは仁美の異母兄にあたる加山雄三か。父親の上原謙が大林雅美氏と熟年再婚して仁美とその姉をもうけた際はワイドショーの格好のネタになった。加山は1日に大阪で行われたコンサートの帰り際に取材陣に対して「何もない」と一言。いくら血縁とはいえ、言葉もないのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る