日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台ドタキャン 「女優」より「カネ」に走る酒井法子の“苦境”

「年末にいろいろお騒がせしてすいません。見ての通り、ポスターもできていない状況です」

 16日、記者会見の冒頭で今井雅之(52)はこう言った。「いろいろ」とは、酒井法子(42)の降板騒動。酒井が出演するはずだった舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の制作発表会見が開かれ、主演の今井をはじめ、さとう珠緒(41)、酒井の代役を務める高橋明日香(26)が出席した。

 昨年12月、今井がブログで「酒井法子さんの事務所が突然の降板を申し出てきました」と書いたことが発端で騒動に発展したが、「(酒井の)事務所の社長と僕がもめたのであって、酒井さんはまったく悪くない」と酒井を擁護。「“碧空のナントカ”の打ち上げで『やってほしい』と言って(昨年)2月に正式にオファーした。7月ごろに快諾してもらったつもりだったけど12月ごろに聞いたら<契約書を書いていない>と言ってきて。僕は(舞台で書面を交わしたことが)一度もなかったけど、書いてない僕が悪い」と謝罪した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事