岩井小百合 初デートでボーイフレンドが急死

公開日:  更新日:

■1987年6月

 83年、14歳の時にロックグループ「横浜銀蝿の妹」というキャッチフレーズでデビューした岩井小百合。トレードマークのポニーテールを揺らしながら、同年の新人賞を総なめにする活躍を見せた。高校は堀越学園芸能コースに所属し、同級生の井森美幸、荻野目洋子、森口博子らと並び人気を博した。卒業後は「楽しい青春時代を過ごしたい」と短大に進学。しかし、騒動はまさに「青春」の真っ最中に起きてしまった。

 6月2日、岩井は堀越学園同窓生の男性とディズニーランドでデートを楽しんでいた。アイドルとして注目を集めていた岩井にとって、実はこの日が生まれて初めてのデートだった。午後7時ごろ、2人は人気アトラクションのスペースマウンテンの行列に並び、40分余り待って最前列に乗り込んだ。

 だが、スタート後にコースターが上っていく時、男性は大きく息を吸い、その後、急降下を始めた時に言葉にならない言葉を発して体の不調を訴えた。何かをうめくように左側に座る岩井に体を預けてきたが、当初、岩井は「何をふざけてるんだろう」と冗談だと思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る