岩井小百合 初デートでボーイフレンドが急死

公開日: 更新日:

■1987年6月

 83年、14歳の時にロックグループ「横浜銀蝿の妹」というキャッチフレーズでデビューした岩井小百合。トレードマークのポニーテールを揺らしながら、同年の新人賞を総なめにする活躍を見せた。高校は堀越学園芸能コースに所属し、同級生の井森美幸、荻野目洋子、森口博子らと並び人気を博した。卒業後は「楽しい青春時代を過ごしたい」と短大に進学。しかし、騒動はまさに「青春」の真っ最中に起きてしまった。

 6月2日、岩井は堀越学園同窓生の男性とディズニーランドでデートを楽しんでいた。アイドルとして注目を集めていた岩井にとって、実はこの日が生まれて初めてのデートだった。午後7時ごろ、2人は人気アトラクションのスペースマウンテンの行列に並び、40分余り待って最前列に乗り込んだ。

 だが、スタート後にコースターが上っていく時、男性は大きく息を吸い、その後、急降下を始めた時に言葉にならない言葉を発して体の不調を訴えた。何かをうめくように左側に座る岩井に体を預けてきたが、当初、岩井は「何をふざけてるんだろう」と冗談だと思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る