岩井小百合 初デートでボーイフレンドが急死

公開日:  更新日:

■1987年6月

 83年、14歳の時にロックグループ「横浜銀蝿の妹」というキャッチフレーズでデビューした岩井小百合。トレードマークのポニーテールを揺らしながら、同年の新人賞を総なめにする活躍を見せた。高校は堀越学園芸能コースに所属し、同級生の井森美幸、荻野目洋子、森口博子らと並び人気を博した。卒業後は「楽しい青春時代を過ごしたい」と短大に進学。しかし、騒動はまさに「青春」の真っ最中に起きてしまった。

 6月2日、岩井は堀越学園同窓生の男性とディズニーランドでデートを楽しんでいた。アイドルとして注目を集めていた岩井にとって、実はこの日が生まれて初めてのデートだった。午後7時ごろ、2人は人気アトラクションのスペースマウンテンの行列に並び、40分余り待って最前列に乗り込んだ。

 だが、スタート後にコースターが上っていく時、男性は大きく息を吸い、その後、急降下を始めた時に言葉にならない言葉を発して体の不調を訴えた。何かをうめくように左側に座る岩井に体を預けてきたが、当初、岩井は「何をふざけてるんだろう」と冗談だと思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る