藤真利子 近藤真彦と熱愛騒動で明菜との三角関係に飛び火

公開日: 更新日:

<1986年8月>

 直木賞作家、藤原審爾の娘として知られ、22歳の女優デビュー以来、多くのドラマや映画で活躍し、微美杏里名義で作詞、作曲までこなす藤真利子。私生活では年下タレントとのスキャンダルが報じられることが多く「年下キラー」として話題をふりまいた。

 80年代を代表する男性アイドル、マッチこと近藤真彦との熱愛が騒がれたのは1986年のこと。藤が30歳、マッチが22歳の時だった。

 以前からマッチのファンで、対談を熱望していたという藤。86年5月に念願かなって女性誌で誌上対談が実現した。

 藤は「マッチのことは何でも知ってるんだから」とアピール。「結婚費用があったら車を買った方がいい」「女の子に指輪をあげるくらいだったら、車にもっといいタイヤはかせてやりたい」というマッチに、「私、車になりた~い」「駐車場で待ってるわ」と猛アタックした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る