• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤真利子 近藤真彦と熱愛騒動で明菜との三角関係に飛び火

<1986年8月>

 直木賞作家、藤原審爾の娘として知られ、22歳の女優デビュー以来、多くのドラマや映画で活躍し、微美杏里名義で作詞、作曲までこなす藤真利子。私生活では年下タレントとのスキャンダルが報じられることが多く「年下キラー」として話題をふりまいた。

 80年代を代表する男性アイドル、マッチこと近藤真彦との熱愛が騒がれたのは1986年のこと。藤が30歳、マッチが22歳の時だった。

 以前からマッチのファンで、対談を熱望していたという藤。86年5月に念願かなって女性誌で誌上対談が実現した。

 藤は「マッチのことは何でも知ってるんだから」とアピール。「結婚費用があったら車を買った方がいい」「女の子に指輪をあげるくらいだったら、車にもっといいタイヤはかせてやりたい」というマッチに、「私、車になりた~い」「駐車場で待ってるわ」と猛アタックした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る