• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演舞台が評判 年下男を虜にする奥菜恵の“美魔女パワー”

 2日から公演している舞台「親愛ならざる人へ」(作・演出=丸尾丸一郎)で主演の奥菜恵(37)の演技がたいそう評判だ。厄年の花嫁がやっとたどり着いた結婚披露宴で毒を吐きまくるドタバタコメディー。奥菜は155センチのきゃしゃな体で終始絶叫、体当たりで演じている。演劇評論家の山田勝仁氏がこう言う。

「今回の舞台で女優としてステップアップしていると思います。テレビドラマで見せていた研ぎ澄まされた演技とは違った、はっちゃけた演技が秀逸です。美人女優のイメージをかなぐり捨てて、女性の本音の毒のある部分をぶつける直球勝負のキャラを演じきっています。年齢的にも舞台にシフトして経験値を積むのは正解でしょう」

 テレビドラマでは主演を張れなくても、知名度のある奥菜なら集客力もある。テレビに比べて実入りは少ないけれど、ナマの舞台は実力もつくし、最終的にはテレビや映画の大抜擢もあり得るというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る