主演舞台が評判 年下男を虜にする奥菜恵の“美魔女パワー”

公開日:

 2日から公演している舞台「親愛ならざる人へ」(作・演出=丸尾丸一郎)で主演の奥菜恵(37)の演技がたいそう評判だ。厄年の花嫁がやっとたどり着いた結婚披露宴で毒を吐きまくるドタバタコメディー。奥菜は155センチのきゃしゃな体で終始絶叫、体当たりで演じている。演劇評論家の山田勝仁氏がこう言う。

「今回の舞台で女優としてステップアップしていると思います。テレビドラマで見せていた研ぎ澄まされた演技とは違った、はっちゃけた演技が秀逸です。美人女優のイメージをかなぐり捨てて、女性の本音の毒のある部分をぶつける直球勝負のキャラを演じきっています。年齢的にも舞台にシフトして経験値を積むのは正解でしょう」

 テレビドラマでは主演を張れなくても、知名度のある奥菜なら集客力もある。テレビに比べて実入りは少ないけれど、ナマの舞台は実力もつくし、最終的にはテレビや映画の大抜擢もあり得るというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る