主演舞台が評判 年下男を虜にする奥菜恵の“美魔女パワー”

公開日: 更新日:

 2日から公演している舞台「親愛ならざる人へ」(作・演出=丸尾丸一郎)で主演の奥菜恵(37)の演技がたいそう評判だ。厄年の花嫁がやっとたどり着いた結婚披露宴で毒を吐きまくるドタバタコメディー。奥菜は155センチのきゃしゃな体で終始絶叫、体当たりで演じている。演劇評論家の山田勝仁氏がこう言う。

「今回の舞台で女優としてステップアップしていると思います。テレビドラマで見せていた研ぎ澄まされた演技とは違った、はっちゃけた演技が秀逸です。美人女優のイメージをかなぐり捨てて、女性の本音の毒のある部分をぶつける直球勝負のキャラを演じきっています。年齢的にも舞台にシフトして経験値を積むのは正解でしょう」

 テレビドラマでは主演を張れなくても、知名度のある奥菜なら集客力もある。テレビに比べて実入りは少ないけれど、ナマの舞台は実力もつくし、最終的にはテレビや映画の大抜擢もあり得るというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る