主演舞台が評判 年下男を虜にする奥菜恵の“美魔女パワー”

公開日: 更新日:

 2日から公演している舞台「親愛ならざる人へ」(作・演出=丸尾丸一郎)で主演の奥菜恵(37)の演技がたいそう評判だ。厄年の花嫁がやっとたどり着いた結婚披露宴で毒を吐きまくるドタバタコメディー。奥菜は155センチのきゃしゃな体で終始絶叫、体当たりで演じている。演劇評論家の山田勝仁氏がこう言う。

「今回の舞台で女優としてステップアップしていると思います。テレビドラマで見せていた研ぎ澄まされた演技とは違った、はっちゃけた演技が秀逸です。美人女優のイメージをかなぐり捨てて、女性の本音の毒のある部分をぶつける直球勝負のキャラを演じきっています。年齢的にも舞台にシフトして経験値を積むのは正解でしょう」

 テレビドラマでは主演を張れなくても、知名度のある奥菜なら集客力もある。テレビに比べて実入りは少ないけれど、ナマの舞台は実力もつくし、最終的にはテレビや映画の大抜擢もあり得るというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る