「葛藤あった」 36歳“エンクミ”遠藤久美子がグラビア挑戦語る

公開日: 更新日:

 元気印のエンクミが、こ~んな艶っぽい表情を……。デビュー20周年を迎えた遠藤久美子(36)が、30日発売の「週刊プレイボーイ」で、ヘソ出し&シースルーを含む“ギリギリ”ショットを披露している。

 16ページと同誌でも異例のボリュームで見ごたえ十分だが、意外にもデビュー当時からこの手の仕事は少なかったという。今回オファーを受けるにあたり、かなり迷った上での決心だったようで――。

「ぜひ! という気持ちと、(4月8日で)37歳だよ? という気持ちのはざまで葛藤しました。デビューからCMやバラエティー、歌や芝居といろいろな仕事をしてきた中で、グラビアという“女性の美”を表現する仕事はゼロに近かった。“年齢的にも最後かな?”と思って引き受けました」

 高校2年生の時、時給680円のハンバーガーショップでアルバイト中にスカウトされたのを機に芸能界入り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る