落書き騒動の余波で…江角マキコ“芸術ヘアヌード”が再評価

公開日:  更新日:

 懐かしやヘアヌード・ブーム――。

 以前は有名女優も続々脱いでいたが、ここ最近はビッグネームがヘアヌード写真を出すことも少なくなってしまった。

 世知辛い世の中だが、若者世代でかつてのヘアヌード写真集がプチブームになっているという。年を重ねた女優が、若い頃に出した写真集が注目されているのだ。

 菅野美穂(37)や宮沢りえ(41)は不動の人気だが、最近支持されているのが江角マキコ(47)のヘアヌード集「ESUMI」(96年)。長嶋一茂邸の落書き事件の影響で注目度が高まっている中、江角のカッコいい時代のヘアヌード写真集は発売から20年近く経っているにもかかわらず、購入者が続出しているというのだ。

「値段は1000~2000円程度ですが、古書店やネットオークションで頻繁に取引されている。いわゆる“抜きネタ”にはならないモード系の“芸術ヌード”ですが、当時を知らない若者には新鮮なのかもしれません。レビューの評価も上々です」(写真誌編集者)

 仕事もプライベートも逆風下の江角。出直しヌードなら話題沸騰は確実か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る