日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜヌードを自分撮り? セレブ女優画像流出の素朴な疑問

 ジェニファー・ローレンス(24)やキルスティン・ダンスト(32)、アリアナ・グランデ(21)など、有名セレブの全裸画像が8月31日に大量流出した一件は、100人ものセレブが被害に遭い、米連邦捜査局(FBI)が本格捜査に乗り出すなど、大騒ぎになっている。

 被害に遭ったセレブたちはイメージダウン必至。ネットでは「裸の写真をクラウドにあげるんだ。アホすぎるだろ」「どんだけ危機管理能力が無いんだよ」といった声が続々とあがっているが、最大の疑問は「セレブ女優って、なぜこうもやすやすと自分のヌード写真やエッチ画像を撮っちゃうのか」ということだ。

 ブログ「海外ニュース雑記帳」でセレブのゴシップを数多くフォローしているライターの鈴木満彦さんが、疑問にこう答えてくれた。

「セレブたちは、高級リゾートのビーチでもトップレスになるし、自分の美しさやセクシーさには絶対の自信を持っているため、仕事以外で裸になることに対する抵抗感は、日本人が考えるよりずっと少ない。だから、秘密めいた遊びとして、スマートフォンを使った自分撮りヌードも平気でやっちゃうのです。女優は見られてナンボという心理も、どこかにあるのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事