最新写真集は全ページほぼ裸身 グラドル紗綾が語る“私生活”

公開日:  更新日:

 今月刊行したばかりの最新写真集「紗綾」(講談社)でオトナの色艶を放ちまくっているグラビアアイドル、紗綾(21)。A4ワイドで全112ページという圧巻のボリューム。本人イチ押しのカットを含め、一糸まとわず、ほぼぜ~んぶ裸身で挑んでいる。

「120%の出来栄えです」と、充足に満ちた表情で撮影について話す姿が印象的だ。デビュー10周年の集大成として臨んだ今作。今年6月に伊豆・下田で3日間かけて撮影し、「シャッターが切られるたび、なんかこう、魂みたいなものを削がれていくような不思議な気持ちになりました。達成感と疲労感が入り交じって……。撮影中は用意していただいた食事も要らない! って感じで集中していました」。あえてストーリーやテーマは決めずに「憧れのカメラマンさんであり、信頼もしている西田(幸樹)さんと私、撮影現場で生まれる2人の世界観を大事にした」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る