前妻似の愛人も姿消し 清原容疑者ハメた銀座の“仲間”たち

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)は「シャンパン」なんて隠語を使って覚醒剤を買っていた。昨年2月以降は群馬県にいる覚醒剤の売人と直取引していたのだが、清原容疑者が足しげく通っていた夜の銀座では、「清原容疑者をハメたのはあの2人」なんて会話がささやかれている。

「清原容疑者に覚醒剤を教えたひとりとみられているのが、清原容疑者と20年近い付き合いがある40代の元タニマチです。その自称経営コンサルタントのAが清原容疑者と群馬の売人との仲介役だった。ところがAは昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、清原容疑者の覚醒剤使用や仕入れ先を洗いざらいしゃべったらしい。そこから清原容疑者の捜査が本格化したのですが、清原容疑者本人は無防備にも、クスリ欲しさに自ら群馬に通い始めた」(捜査事情通)

 仲間に裏切られた清原容疑者は自業自得だが、にわかに信じ難いこんな話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る