• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前妻似の愛人も姿消し 清原容疑者ハメた銀座の“仲間”たち

 清原和博容疑者(48)は「シャンパン」なんて隠語を使って覚醒剤を買っていた。昨年2月以降は群馬県にいる覚醒剤の売人と直取引していたのだが、清原容疑者が足しげく通っていた夜の銀座では、「清原容疑者をハメたのはあの2人」なんて会話がささやかれている。

「清原容疑者に覚醒剤を教えたひとりとみられているのが、清原容疑者と20年近い付き合いがある40代の元タニマチです。その自称経営コンサルタントのAが清原容疑者と群馬の売人との仲介役だった。ところがAは昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、清原容疑者の覚醒剤使用や仕入れ先を洗いざらいしゃべったらしい。そこから清原容疑者の捜査が本格化したのですが、清原容疑者本人は無防備にも、クスリ欲しさに自ら群馬に通い始めた」(捜査事情通)

 仲間に裏切られた清原容疑者は自業自得だが、にわかに信じ難いこんな話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る