前妻似の愛人も姿消し 清原容疑者ハメた銀座の“仲間”たち

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)は「シャンパン」なんて隠語を使って覚醒剤を買っていた。昨年2月以降は群馬県にいる覚醒剤の売人と直取引していたのだが、清原容疑者が足しげく通っていた夜の銀座では、「清原容疑者をハメたのはあの2人」なんて会話がささやかれている。

「清原容疑者に覚醒剤を教えたひとりとみられているのが、清原容疑者と20年近い付き合いがある40代の元タニマチです。その自称経営コンサルタントのAが清原容疑者と群馬の売人との仲介役だった。ところがAは昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、清原容疑者の覚醒剤使用や仕入れ先を洗いざらいしゃべったらしい。そこから清原容疑者の捜査が本格化したのですが、清原容疑者本人は無防備にも、クスリ欲しさに自ら群馬に通い始めた」(捜査事情通)

 仲間に裏切られた清原容疑者は自業自得だが、にわかに信じ難いこんな話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る