社会復帰は絶望的…清原容疑者の墜落に「裏切り」の連鎖

公開日:  更新日:

 元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件の波紋は広がるばかりだ。「寂しかったのだろう」なんてお涙ちょうだいの新聞・テレビもあるが、冗談じゃない。まさに身から出たサビ、救いの手を差し伸べた人たちを裏切り続けた自業自得だ。

「初犯だから執行猶予は付くでしょうが、シャバに出てきたところでもう居場所はない」――近く覚醒剤の使用容疑でも逮捕される清原容疑者の親しい知人は、タメ息をつきながらこう続ける。

「元東京地検特捜部長で日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーも、キヨの逮捕に怒り心頭です。球界復帰がないのは当然として、芸能界も絶望的でしょう」

 14年3月に薬物疑惑を報じられてから、テレビ業界は清原容疑者の起用に二の足を踏んでいた。それでもちょこちょこ出演できたのは、大手芸能事務所のバックアップがあったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る