• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社会復帰は絶望的…清原容疑者の墜落に「裏切り」の連鎖

 元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件の波紋は広がるばかりだ。「寂しかったのだろう」なんてお涙ちょうだいの新聞・テレビもあるが、冗談じゃない。まさに身から出たサビ、救いの手を差し伸べた人たちを裏切り続けた自業自得だ。

「初犯だから執行猶予は付くでしょうが、シャバに出てきたところでもう居場所はない」――近く覚醒剤の使用容疑でも逮捕される清原容疑者の親しい知人は、タメ息をつきながらこう続ける。

「元東京地検特捜部長で日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーも、キヨの逮捕に怒り心頭です。球界復帰がないのは当然として、芸能界も絶望的でしょう」

 14年3月に薬物疑惑を報じられてから、テレビ業界は清原容疑者の起用に二の足を踏んでいた。それでもちょこちょこ出演できたのは、大手芸能事務所のバックアップがあったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る