社会復帰は絶望的…清原容疑者の墜落に「裏切り」の連鎖

公開日:  更新日:

 元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件の波紋は広がるばかりだ。「寂しかったのだろう」なんてお涙ちょうだいの新聞・テレビもあるが、冗談じゃない。まさに身から出たサビ、救いの手を差し伸べた人たちを裏切り続けた自業自得だ。

「初犯だから執行猶予は付くでしょうが、シャバに出てきたところでもう居場所はない」――近く覚醒剤の使用容疑でも逮捕される清原容疑者の親しい知人は、タメ息をつきながらこう続ける。

「元東京地検特捜部長で日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーも、キヨの逮捕に怒り心頭です。球界復帰がないのは当然として、芸能界も絶望的でしょう」

 14年3月に薬物疑惑を報じられてから、テレビ業界は清原容疑者の起用に二の足を踏んでいた。それでもちょこちょこ出演できたのは、大手芸能事務所のバックアップがあったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る