日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社会復帰は絶望的…清原容疑者の墜落に「裏切り」の連鎖

 元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件の波紋は広がるばかりだ。「寂しかったのだろう」なんてお涙ちょうだいの新聞・テレビもあるが、冗談じゃない。まさに身から出たサビ、救いの手を差し伸べた人たちを裏切り続けた自業自得だ。

「初犯だから執行猶予は付くでしょうが、シャバに出てきたところでもう居場所はない」――近く覚醒剤の使用容疑でも逮捕される清原容疑者の親しい知人は、タメ息をつきながらこう続ける。

「元東京地検特捜部長で日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーも、キヨの逮捕に怒り心頭です。球界復帰がないのは当然として、芸能界も絶望的でしょう」

 14年3月に薬物疑惑を報じられてから、テレビ業界は清原容疑者の起用に二の足を踏んでいた。それでもちょこちょこ出演できたのは、大手芸能事務所のバックアップがあったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事