トイレ籠城に号泣も…清原容疑者がコワモテで隠した小心

公開日: 更新日:

「本当は繊細で優しい人間なんです。大きな試合前になると決まって神経性の下痢に悩まされた。大きな体とは対照的な線の細い男なんです」

 PL学園時代の恩師、中村順司元監督(69=現名商大野球部監督)の清原和博(48)評である。

 真っ黒に日焼けした顔に坊主頭。ヤクザもどきの言動でグラウンドの内外にトラブルをまき散らし、「球界の番長」の異名をとった。そんなコワモテを演じることで覆い隠した、生来の気弱さ、臆病さが、クスリに溺れる要因となった――。

 2日の逮捕以来、そうした解説がチラホラと出てきているのは確かだ。

 そんなある種の同情論に乗るつもりはないが、日刊ゲンダイ本紙も番長清原の本性を何度も目の当たりにしたのは事実である。

 巨人時代、キャンプ中の清原は練習休日前夜のたびに、チーム宿舎から車で20分ほどの距離にある、宮崎県内有数の高級リゾートホテルに部屋を取るのが常だった。そこには決まって女性の影がチラついたが、日本シリーズを直後に控えた2000年10月のシリーズ合宿のときもそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る