• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モデル業に影響必至 “元夫逮捕”で清原亜希が背負う十字架

 今月2日に清原和博容疑者(48)が覚醒剤所持で逮捕されて1週間が経過。この間、入手ルート、交友関係、オンナ問題、黒い交際など悪事という悪事が噴出しているが、一番の被害者は別れた妻でモデルの清原亜希(46)と2人の息子だ。

 亜希さんは5日に「今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供たちを守ることが一番の責任だと思っております」とコメントを発表。清原容疑者とは2000年12月に結婚し、14年9月に離婚しているが、別れてもなお振り回され続けている。

「清原容疑者からは離婚後も復縁を懇願する連絡が頻繁にあったようですが、亜希さんは頑としてはね返した。息子たちの少年野球で同じグラウンドにいても目も合わさなかったほど。離婚の際は慰謝料は早々に諦めて、清原名義だったマンションに長男と次男名義で養育費分の抵当権を設定して備えるなど常に息子たちのことを考えて行動してきました」(女性誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る