ハーフ恋人は望み薄か 憶測飛ぶ清原容疑者の「身元引受人」

公開日:  更新日:

 覚醒剤使用で昨25日に送検された清原和博容疑者(48=東京都港区東麻布)への関心は、来月中旬以降とみられる「保釈」に移ってきている。焦点は「身元引受人」だ。法律的には保釈の絶対条件ではないが、一般的には、いなければまず認めてもらえない。

「売名のために名乗りを上げる輩も今後出てくるでしょうが、有力視されているひとりが40代の飲食店経営者です。2014年3月に清原容疑者の薬物疑惑が報じられ、支援者が次々と離れていく中で、彼だけは物心両面でサポートし続けた。清原容疑者の逮捕後も、自身のブログに『変わらず支えていく』などと書いています」(関係者)

 一方、逮捕直前まで清原容疑者と一緒にいたとされる銀座のホステスのA子さん(22)も候補に挙がっているというから驚く。恋人が身元引受人になるケースもあって、清原容疑者が頼れるのはもう彼女しかいない、などと一部で報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る