取材攻勢に薬物の誘惑…清原容疑者「保釈拒否」の可能性も

公開日:  更新日:

 覚醒剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)は23日にも勾留期限を迎え、起訴される見通しだ。すでに認めた「使用」でも再逮捕・起訴される方向で、「所持・使用」容疑で一括起訴――との見方がもっぱら。薬物事件で初犯の場合、容疑を認めれば起訴後に保釈されるケースがほとんどのため、清原容疑者も早ければ26日にも保釈される可能性があるが、ここにきて「清原容疑者は保釈を拒否するのではないか」(司法記者)なんて仰天情報が流れ始めた。

 保釈の流れはこうだ。起訴後、裁判所に保釈請求書を提出。裁判所が「証拠隠滅」や「逃亡」の恐れがないと判断すれば「許可」される。清原容疑者の場合、所持・使用を認めていて、背後に大掛かりな密売組織が関わっているわけでもない。このため、保釈請求があれば裁判所は認めるとみられている。

「清原容疑者には都内の大手弁護士事務所がバックについた。この事務所は企業の合併・買収などが専門で刑事事件は決して強くないが、いつでも保釈請求できるよう準備を進めていると聞く。覚醒剤事件の保釈金相場は150万~200万円だが、清原容疑者の場合は著名人なので300万~500万円ほどだろう」(司法ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る