• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急逝プリンスの性癖を元カノ暴露「24時間、奴隷だった」

「秘密の地下部屋は檻、クサリ、ムチといったテーマに分かれていました」

 4月21日に急逝した米人気歌手プリンス(57=本名プリンス・ロジャーズ・ネルソン)の性癖が尋常ではなかった。英デーリー・スター紙は25日、元恋人シャーリーン・フレンドさんの証言として、プリンスの性癖の特異性を伝えた。

 フレンドさんが18歳だった1989年、プリンスに処女を捧げた後「24時間、ずっと性の奴隷でした。地下のテーマごとに分かれた部屋では連日、性行為が繰り返されました」と告白。

「プリンスはセックスパーティーを開くのも好きでした。さらに自分がメシア(救世主)だと信じてもいました」

 プリンスの臓器の一部はいま死因特定のために検視に回されている。

 ポップ界のプリンスは夜の世界でもプリンスだった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る