奇抜すぎる? マイク・タイソン流のプリンス追悼に賛否

公開日:  更新日:

 独創的で影響力のある伝説的アーティストだったプリンスが、21日に57歳で死去し、オバマ大統領をはじめ多数の各界有名人から追悼が寄せられた。その中で、最も奇抜なトリビュートを行ったのが、ボクシングの元世界ヘビー級王者、マイク・タイソン(49)だ。

 ツイッターに自分とプリンスの写真を修正ソフトで合成した奇妙な画像を投稿。「世界の人々と同じように私も悲しんでいるけど、あなたの音楽であなたの魂を祝おう」という悼辞を添えた。画像に「Prince」と書くべきところを「Printhe」とつづっているのは「s」の音を「th」と発音するタイソンの話し方のクセを表している。

 このツイートにプリンスのファンの反応は「完全にイカれている」「何てことだ、マイク」「個性的だが、悪趣味だ」「本日、最もワイルドなツイート」など否定的なものが多かった。しかし「奇抜」といえば、当のプリンスだって、ファッションや行動は相当なもんだった。タイソンの追悼はかなり奇抜で非常識かもしれないが、心からのものであることは間違いない。

 プリンスは天国でほほ笑んでいるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る