• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

奇抜すぎる? マイク・タイソン流のプリンス追悼に賛否

 独創的で影響力のある伝説的アーティストだったプリンスが、21日に57歳で死去し、オバマ大統領をはじめ多数の各界有名人から追悼が寄せられた。その中で、最も奇抜なトリビュートを行ったのが、ボクシングの元世界ヘビー級王者、マイク・タイソン(49)だ。

 ツイッターに自分とプリンスの写真を修正ソフトで合成した奇妙な画像を投稿。「世界の人々と同じように私も悲しんでいるけど、あなたの音楽であなたの魂を祝おう」という悼辞を添えた。画像に「Prince」と書くべきところを「Printhe」とつづっているのは「s」の音を「th」と発音するタイソンの話し方のクセを表している。

 このツイートにプリンスのファンの反応は「完全にイカれている」「何てことだ、マイク」「個性的だが、悪趣味だ」「本日、最もワイルドなツイート」など否定的なものが多かった。しかし「奇抜」といえば、当のプリンスだって、ファッションや行動は相当なもんだった。タイソンの追悼はかなり奇抜で非常識かもしれないが、心からのものであることは間違いない。

 プリンスは天国でほほ笑んでいるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る