奇抜すぎる? マイク・タイソン流のプリンス追悼に賛否

公開日:  更新日:

 独創的で影響力のある伝説的アーティストだったプリンスが、21日に57歳で死去し、オバマ大統領をはじめ多数の各界有名人から追悼が寄せられた。その中で、最も奇抜なトリビュートを行ったのが、ボクシングの元世界ヘビー級王者、マイク・タイソン(49)だ。

 ツイッターに自分とプリンスの写真を修正ソフトで合成した奇妙な画像を投稿。「世界の人々と同じように私も悲しんでいるけど、あなたの音楽であなたの魂を祝おう」という悼辞を添えた。画像に「Prince」と書くべきところを「Printhe」とつづっているのは「s」の音を「th」と発音するタイソンの話し方のクセを表している。

 このツイートにプリンスのファンの反応は「完全にイカれている」「何てことだ、マイク」「個性的だが、悪趣味だ」「本日、最もワイルドなツイート」など否定的なものが多かった。しかし「奇抜」といえば、当のプリンスだって、ファッションや行動は相当なもんだった。タイソンの追悼はかなり奇抜で非常識かもしれないが、心からのものであることは間違いない。

 プリンスは天国でほほ笑んでいるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る