• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
南川聡史
著者のコラム一覧
南川聡史お笑い芸人

1982年生まれ、大阪府出身。松竹芸能所属。関西大卒業後、05年から相方の吉田寛と「ピーマンズスタンダード」として活動。「R-1ぐらんぷり2008」準決勝進出、13年度「漫才新人大賞」決勝進出。趣味は、濡れ場映画は見つけ次第観賞し、ロシアの格闘技「システマ」をすること。新宿角座にて随時ライブ出演中。

「復讐するは我にあり」(79年) 倍賞美津子が胸揉まれて

恍惚の表情を浮かべる(C)日刊ゲンダイ

 有名人が不倫でどうのと相次ぎ謝罪会見する昨今。はっきり言って僕らが見たいのは、背徳と禁断の濡れ場である。行いが間違っていれば間違っているほど、心臓がギューンってなればギューンってなるほど、いい濡れ場と相場は決まってる。今村昌平監督による本作は、濡れ場も映画も骨の髄にガツンとくる…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る