南川聡史
著者のコラム一覧
南川聡史お笑い芸人

1982年生まれ、大阪府出身。松竹芸能所属。関西大卒業後、05年から相方の吉田寛と「ピーマンズスタンダード」として活動。「R-1ぐらんぷり2008」準決勝進出、13年度「漫才新人大賞」決勝進出。趣味は、濡れ場映画は見つけ次第観賞し、ロシアの格闘技「システマ」をすること。新宿角座にて随時ライブ出演中。

「復讐するは我にあり」(79年) 倍賞美津子が胸揉まれて

公開日:  更新日:
恍惚の表情を浮かべる(C)日刊ゲンダイ

 有名人が不倫でどうのと相次ぎ謝罪会見する昨今。はっきり言って僕らが見たいのは、背徳と禁断の濡れ場である。行いが間違っていれば間違っているほど、心臓がギューンってなればギューンってなるほど、いい濡れ場と相場は決まってる。今村昌平監督による本作は、濡れ場も映画も骨の髄にガツンとくる…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る