五十川被告と220回 高知東生被告がハマった“クスリと女”

公開日:  更新日:

「刺激を求める気持ちが勝ってしまった」

 傍聴券18枚に対し1198人が並んだ元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)とその愛人、元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の初公判。31日、東京地裁に黒の短髪、黒いスーツ姿で現れた高知被告は起訴内容を認めた。どうやら五十川被告とともに、覚醒剤と情事にドップリはまっていたようだ。

 冒頭陳述によると、高知被告は18歳のころから大麻を始め、20歳のころにディスコで覚醒剤を覚えた。バブルの崩壊でディスコから足が遠のき、覚醒剤からも離れるが、再び手を染めるきっかけになったのが五十川被告との出会いだった。高知被告は10年前、知人の誕生日会で親しくなった五十川被告に「(覚醒剤を)やってみない?」と誘い、五十川被告も「過去に薬物をひと通り使ったことがある」と話したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る