“主役”は高知の愛人ホステス…仲間に大物女優2世らの名前

公開日:  更新日:

 元俳優の高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)の覚醒剤逮捕から、1日で1週間。事件の輪郭が、おぼろげながら見えてきているが、実は“主役”は高知ではなく、その愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)のようだ。

「2人を逮捕したマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、そこに高知が引っかかってきた。それぞれ内偵を進め、六本木などで何度も密会していることを確認した上で、横浜のラブホテルで“御用”となったのです」(捜査事情通)

 父親も姉も歯科医、鎌倉市内のお嬢さま学校に通っていた五十川容疑者は、高校卒業前後から夜遊びを覚えてグレ始め、“闇の世界”に足を踏み入れていったようだ。

「そのうちヤクザ者とも付き合うようになった。五十川容疑者と高知が知り合ったのは約10年前ですが、五十川容疑者はレースクイーンや売れないタレント活動の傍ら、そのころからすでに薬物に手を染めていたようです。高知にシャブを教え込まれたわけじゃなさそうです」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る