“主役”は高知の愛人ホステス…仲間に大物女優2世らの名前

公開日: 更新日:

 元俳優の高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)の覚醒剤逮捕から、1日で1週間。事件の輪郭が、おぼろげながら見えてきているが、実は“主役”は高知ではなく、その愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)のようだ。

「2人を逮捕したマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、そこに高知が引っかかってきた。それぞれ内偵を進め、六本木などで何度も密会していることを確認した上で、横浜のラブホテルで“御用”となったのです」(捜査事情通)

 父親も姉も歯科医、鎌倉市内のお嬢さま学校に通っていた五十川容疑者は、高校卒業前後から夜遊びを覚えてグレ始め、“闇の世界”に足を踏み入れていったようだ。

「そのうちヤクザ者とも付き合うようになった。五十川容疑者と高知が知り合ったのは約10年前ですが、五十川容疑者はレースクイーンや売れないタレント活動の傍ら、そのころからすでに薬物に手を染めていたようです。高知にシャブを教え込まれたわけじゃなさそうです」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る