高知の次か 愛人の交友関係から浮上したお笑い芸人の名前

公開日: 更新日:

「覚醒剤の“か”の字も口に出せないほど、局内はピリピリしています」とはテレビ朝日社員。

 元俳優の高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)とその愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)の覚醒剤逮捕には、テレビ局も広告代理店も戦々恐々らしい。

 高知容疑者の妻、女優の高島礼子(51)は7月21日スタートのテレ朝系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」に主演。降板の可能性も取りざたされた。尿検査と“涙”の謝罪会見で何とか乗り切ったとはいえ、テレ朝局内がピリピリするのは当然だ。

「高島は容疑者の妻だからまだしも、出演者本人がシャブで逮捕なんてことになったらシャレになりません。それでなくても、タレント活動もしていた五十川はお笑い芸人と合コンしたり、大河ドラマ出演歴がある大物女優の息子とつるんで西麻布、六本木界隈で夜遊びしていた。五十川はその筋では知られた女で、高知はその芸能界人脈のひとりに過ぎない。どこに“地雷”が埋まっているか分かりません。局内では『あいつは大丈夫か』『一緒にシャブをやっていないだろうな』なんて実名が飛び交っています」(別の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  5. 5

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る