高知の次か 愛人の交友関係から浮上したお笑い芸人の名前

公開日:  更新日:

「覚醒剤の“か”の字も口に出せないほど、局内はピリピリしています」とはテレビ朝日社員。

 元俳優の高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)とその愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)の覚醒剤逮捕には、テレビ局も広告代理店も戦々恐々らしい。

 高知容疑者の妻、女優の高島礼子(51)は7月21日スタートのテレ朝系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」に主演。降板の可能性も取りざたされた。尿検査と“涙”の謝罪会見で何とか乗り切ったとはいえ、テレ朝局内がピリピリするのは当然だ。

「高島は容疑者の妻だからまだしも、出演者本人がシャブで逮捕なんてことになったらシャレになりません。それでなくても、タレント活動もしていた五十川はお笑い芸人と合コンしたり、大河ドラマ出演歴がある大物女優の息子とつるんで西麻布、六本木界隈で夜遊びしていた。五十川はその筋では知られた女で、高知はその芸能界人脈のひとりに過ぎない。どこに“地雷”が埋まっているか分かりません。局内では『あいつは大丈夫か』『一緒にシャブをやっていないだろうな』なんて実名が飛び交っています」(別の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る