• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前田有一氏が厳選 “クリぼっち”に贈る新旧映画大特集

「君の名は。」新海監督の“転換点”

 週末はいよいよクリスマス。しかし、浮かれる街の喧騒をよそに、クリスマスを独りぼっちで過ごすことを最近は“クリぼっち”というんだとか。そんな“ぼっち”の心強~い味方が映画だろう。映画の中には切ない恋愛ドラマ、背筋の凍るスリル、究極の愛、人工知能が支配する恐ろしい近未来……飲んで騒ぐだけじゃ決して味わえない感動が満ち満ちている。聖なる夜は新旧映画三昧で心豊かにメリークリスマス!(負け惜しみじゃないゾ)

 2016年の映画界最大のニュースといえば新海誠監督「君の名は。」の200億円を超すメガヒット。「言の葉の庭」(13年、日)は、それまでオタク向けだった新海アニメに初めて女性客が殺到した、同監督の「転換点」というべき45分間の中編映画だ。靴職人を目指す15歳の少年と27歳の社会人女性の切ないドラマや、実写以上に美しい背景美術など、魅力と完成度の高さは「君の名は。」に勝るとも劣らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る