大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

TOHOシネマズ日比谷は「日本最高峰のシネコン」になるか

公開日: 更新日:

 その名にふさわしく、新しいタウン=街が都内・日比谷の一角にできた印象である。29日からグランドオープンした「東京ミッドタウン日比谷」のことだ。シネコンやレストランをはじめとする多様な店の構えが、まるで街の骨格を備えたかのように見え、既存の商業施設とは一線を画す。ビル上階に入るオフィスで働く人々は7000人規模に及ぶという。

 シネコンはスクリーンが大きく、音響も実によく座席も文句なしだ。全国津々浦々、どこも似たり寄ったりのシネコンができているのが今の日本だが、運営主体の東宝は一段とグレードの高いシネコンを目指した。日比谷は同社発祥の地であり、日比谷映画街という日本一の映画館街があった場所だ。東宝には、この地に日本最高峰のシネコンをつくらなくてはならない“使命”がある。

 設備面の進化は、映画館の歴史そのものといえる。今回とくに意識された音響面での質的な向上は、30年以上前に有楽町マリオンに日劇ができたときも最優先された。ただし、今回はさらに進化の度合いが増している。大迫力音響に加え、大スクリーンの多さは、新しいシネコンの大きな優位性となろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る