• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

愚連隊映画で本領 「ネチョネチョ」は松方弘樹の名セリフ

 東映で一時代を築いた映画スターたちは、何か大きな運命の糸に操られているのだろうか。2014年の末、高倉健さん、菅原文太さんが相次いで亡くなり、それからほぼ2年後、松方さんが旅立った。

 松方さんは、東映ヤクザ映画で大きく羽ばたいた俳優だったというのが筆者の認識だ。剣さばきが抜群だった近衛十四郎さんの長男として、早くから時代劇などで活躍し始めたが、本領を発揮したのは、ある愚連隊映画との出合いであった。

 極めつきの代表作である「仁義なき戦い」(73年)の7年前に公開された中島貞夫監督の「893愚連隊」である。配下に荒木一郎、近藤正臣らがいるチンピラ軍団のリーダー格で、ギラギラした風貌が、あこぎな愚連隊=チンピラ役に寸分たがわず合っていた。

 名ゼリフがある。ラスト近く、「何ぞ、いいしのぎないかな」としょぼくれる荒木一郎に、こう言い放つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る