90年代の“200分の1”? 女優が嘆く「ヌード相場」の大暴落

公開日: 更新日:

■90年代はカメラマンらからのセクハラも日常茶飯事だったが…

 関係者によると、人気AV女優でタレントの高橋しょう子は「月1本の撮影で毎月3ケタ」ものギャラが入っているとやはりテレビで打ち明けていたというから、売れっ子になれば、それなりのリターンもあるのだろう。しかしながら、勇気を出して生まれたままの姿をレンズにさらしてもこの金額では……。

「SKE48、SDN48出身のグラビアタレント、手束真知子は2016年に出したヌード写真集のギャラが200万円だったとテレビで語っています。本人も安すぎると思ったそうですけど、今だったら、決して安くはない。泰葉は17年に週刊誌のグラビア撮影でヘアヌードになってギャラ200万円と打ち明けており、一概に基準があるわけでもないのですが、週刊誌のグラビアでヌードになっても数十万円が限度。ブームの際の1億円というような破格のギャラはあり得ない」(前出の芸能プロ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る