泰葉“ヘアヌード”で体を張った闘い…松居一代は水着も?

公開日:  更新日:

 元祖“お騒がせ女”泰葉(56)が、今度はヘアヌードになってしまった。発売中の週刊ポストの袋とじに登場していて、9ページにわたっておっぱいはもちろん、ヘアも披露。インタビューでは「海老名家のお嬢様のままだったら、ヌードにはなれなかった。私は今、解放されたんです」などと語っている。

 しかし、とうとうここまできたか――という感じである。今年4月に突如、自身のブログで、元夫で落語家の春風亭小朝(62)から20年にわたって虐待を受けていたことを告白。6月には会見し、小朝の虐待ぶりやSMプレーなどの様子を暴露していた。その“暴走ぶり”にメディアも一定の距離を置いていたが、いきなりのヘアヌードである。本人は「海老名家との決別」を大義名分としているのだが……。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「父の初代林家三平が『きょうだいの中で一番才能がある』と認めたのが泰葉でした。しかし、小朝と結婚、離婚したくらいからおかしくなってしまった。今回は落ちるところまで落ちたという印象です。タレントや女優がヌードになるのは、おカネに困っているケースがほとんど。トンデモない言動が続いて、メディアからも男からも相手にされない泰葉は“自爆”したような形です。今後、下手をすればAVだってありうる。一番心を痛めているのは母・海老名香葉子さんをはじめとする海老名家の人々でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る