泰葉“ヘアヌード”で体を張った闘い…松居一代は水着も?

公開日: 更新日:

 元祖“お騒がせ女”泰葉(56)が、今度はヘアヌードになってしまった。発売中の週刊ポストの袋とじに登場していて、9ページにわたっておっぱいはもちろん、ヘアも披露。インタビューでは「海老名家のお嬢様のままだったら、ヌードにはなれなかった。私は今、解放されたんです」などと語っている。

 しかし、とうとうここまできたか――という感じである。今年4月に突如、自身のブログで、元夫で落語家の春風亭小朝(62)から20年にわたって虐待を受けていたことを告白。6月には会見し、小朝の虐待ぶりやSMプレーなどの様子を暴露していた。その“暴走ぶり”にメディアも一定の距離を置いていたが、いきなりのヘアヌードである。本人は「海老名家との決別」を大義名分としているのだが……。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「父の初代林家三平が『きょうだいの中で一番才能がある』と認めたのが泰葉でした。しかし、小朝と結婚、離婚したくらいからおかしくなってしまった。今回は落ちるところまで落ちたという印象です。タレントや女優がヌードになるのは、おカネに困っているケースがほとんど。トンデモない言動が続いて、メディアからも男からも相手にされない泰葉は“自爆”したような形です。今後、下手をすればAVだってありうる。一番心を痛めているのは母・海老名香葉子さんをはじめとする海老名家の人々でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る