城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

将来を失った新井浩文 役者の復帰が歌手より困難な理由

公開日: 更新日:

 強制性交の容疑で逮捕された新井浩文容疑者(40)だが、これまでの経歴を棒に振り、将来さえも失ってしまった。

 この週明けに、映画プロデューサーとゆっくり話をする機会があった。

 数十本の映画を手がけたそのプロデューサーは、新井容疑者と何度も仕事をしたことがあるという。

「いい役者です。悪役、脇役、どんな役でも嫌がらずに仕事をし、予算のない作品でも安いギャラに文句も言わず全力でやってくれる。若手の面倒も見ていた。なにより、よくモテたのに、なぜこんなことになったのか理解できません」

 このプロデューサーが知るだけで、2人の知名度のある女優と付き合ったことがあるそうで、無名の若手女優を含めれば“イレ食い”状態だったらしい。不謹慎な外野の意見だが、「誰か(女優を)呼び出せばよかったのに」というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る