城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

将来を失った新井浩文 役者の復帰が歌手より困難な理由

公開日: 更新日:

 強制性交の容疑で逮捕された新井浩文容疑者(40)だが、これまでの経歴を棒に振り、将来さえも失ってしまった。

 この週明けに、映画プロデューサーとゆっくり話をする機会があった。

 数十本の映画を手がけたそのプロデューサーは、新井容疑者と何度も仕事をしたことがあるという。

「いい役者です。悪役、脇役、どんな役でも嫌がらずに仕事をし、予算のない作品でも安いギャラに文句も言わず全力でやってくれる。若手の面倒も見ていた。なにより、よくモテたのに、なぜこんなことになったのか理解できません」

 このプロデューサーが知るだけで、2人の知名度のある女優と付き合ったことがあるそうで、無名の若手女優を含めれば“イレ食い”状態だったらしい。不謹慎な外野の意見だが、「誰か(女優を)呼び出せばよかったのに」というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る