新井浩文も多かった 芸能人が「職務質問」されやすいワケ

公開日: 更新日:

 強制性交の容疑で逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)は、警官に職務質問されることが多かったという。新井容疑者はツイッターで、その回数は「現役の俳優部で一番の自信ある」などと開き直っていた。

 ただ、新井容疑者に限らず、職質された経験をネタにする芸能人は多い。SNSでぼやくケースも珍しくないが、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんは「芸能人が職質されるのは理由があるんです。私もやったことがありますよ」と言う。

 いくらなんでも街中で犯罪者に間違われることはないと思うが、実は、プライベートの芸能人は明らかに挙動不審らしい。

「芸能人は見つかりたくないので、常に周りを警戒してキョロキョロしていることが多いですし、伏し目がちで人と視線を合わせないようにしています。帽子を目深にかぶり、眼鏡にマスクまでしていることもあります。それでちょっと変だなと思って近づいても、こちらを全然見ないので、『すみません、警察ですが』と声をかけることになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程