本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

“トリプルブッキングの野田”がとった狂気のヘリ空輸大作戦

公開日: 更新日:

「トリプル(ブッキング)の野田」という異名を持つほど、野田義治は仕事を目いっぱい入れた。

 仕事が面白くてのってきた堀江しのぶも生き生きとこなしていった。

 だがときにはスケジュールがうまく噛み合わないときもあった。それも最悪の形で。

 TBS緑山スタジオでドラマ収録をした後に、午後には名古屋のイベントに出演するスケジュールを組んだ。

「午前中に緑山スタジオでデイシーン(昼のシーン)を撮って、しばらく時間が空くので名古屋のイベントを組んだんです。それが終わって電車で戻ってきて1時間前に着く、余裕のスケジュールだったんです。ところが、最後に組んでいたナイトシーン(夜のシーン)が撮影の都合で前にもってこられちゃった。それだと名古屋のイベントが終わってから戻っても間に合わない。何度も何度も交渉してみたんだけど、絶対ゆずってくれない。ドラマの収録は、絶対外せない。でも名古屋のイベントも外せない。どうする? どうやったら間に合うんだ?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  5. 5

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  6. 6

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  7. 7

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  8. 8

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  9. 9

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る