本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

「世界のクロサワ」の看板で渋る堀江しのぶの両親を説得

公開日: 更新日:

 愛知県西春日井郡在住の高校3年生は、芸能界デビュー前からすでに光を放つダイヤモンドの原石だった。

 多くの芸能プロダクションが野田よりも前に触手を伸ばしていた。所属タレントもまだいない野田のイエローキャブという無名のプロダクションが、堀江しのぶというダイヤモンドの原石を獲得するなど不可能に思われた。

 野田は逆転に賭ける。

「うちは黒沢明監督の長男、黒沢久雄が立ち上げたちゃんとしたプロダクションなんです。知ってるでしょう? 黒沢監督。『七人の侍』『影武者』、最近では『乱』っていうのも撮ったし」

“世界のクロサワ”は劣勢を挽回するキーワードだった。野田は彼女の両親に会うところまでこぎ着けた。あとは野田義治最大の技を発揮するしかなかった。それは熱意だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る