本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

堀江しのぶは絶対的な日本人の母親像“和顔”だった

公開日: 更新日:

堀江しのぶが巨乳だって知らなかった」

 日本中を巨乳まみれにした男・野田義治が予想外の発言をした。

「プロフィル写真は服着ているやつだけだったから。胸の大きさなんてわからない。堀江しのぶの顔がいろんな意味でいいなあって思った顔だったんです。“和顔”。要するに絶対的な日本人の母親像ってあるじゃないですか。男も女も。もって生まれた母親像ってあるはずなんですよ。それが僕は和顔だと思ってるんです」

 野田義治の説く“和顔”とは和服が似合う日本人的な面相に加えて、気品のある顔立ちとでも言おうか。和顔プラス巨乳が大衆の人気を獲得する要素だと野田は言う。

 巨乳系専属女優第1号となった堀江しのぶ採用のきっかけは、胸の大きさではなく顔であった。

 もともと彼女はアグネス・ラム、烏丸せつこ、宮崎ますみ、蓮舫といった逸材を誕生させた芸能界の登竜門、クラリオンガール・コンテスト応募者6125人の中のひとりにすぎなかった。このとき堀江しのぶは愛知県西春日井郡在住の高校3年生だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事