晩年も「報ステ」で披露 ケーシー高峰さんの“下ネタ伝説”

公開日: 更新日:

「人間、元気が一番だぞ。では病気の予防ってのはあるか」

 8日に亡くなったケーシー高峰さんは寄席などでよく健康ネタを切りだし、こう言った。

「ないんです。予防に勝る治療なしというけど。だから病気にならないための予防としては、死ぬことなんです」

 そして、下ネタがはじまる。食生活などから酸性に偏りがちな女性の体調に黒酢がいいとホワイトボードで講義し、「一滴でも垂らせば」とこう締める。

「いいマンズワインになりますから」

 時事ネタもよく切った。北朝鮮問題が取り沙汰されると、こうだ。

「どういうおっぱいがいいかは、乳房の大きさではなく、乳首で決まる。ピョンと出て、触るとイヤンと感度がいい。これをピョンヤンと言う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る