本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

細川ふみえ着用 グラビア界に革命をもたらした“眼帯ブラ”

公開日: 更新日:

 人はそれを“眼帯ブラ”と呼んだ。

 文字通り眼帯ほどの小さな布面積しかないブラのことである。

 着用する細川ふみえはGカップ91センチ。ほとんど乳輪しか隠せないほどの極小ブラは、乳房のかなりの部分がはみ出していた。

 グラビア界に革命をもたらした眼帯ブラを渡されたときの衝撃を、細川ふみえが回想する。

 細川「現場でスタイリストさんから渡された“ソレ”は、とても水着とは言えないようなものでした。けれど、信じられる出会いがあったからこそ、勇気を振りしぼって撮影に臨めました。まさしく『命がけ』でした(笑)。けれども、どんな仕事もたぶん命がけなんでしょうね」(「Asageiplus」2018年1月23日)

 テレビで見るふーみんこと細川ふみえは、ほんわかとした語り口で控えめな印象がある。そのふーみんが極小面積の眼帯ブラを着用したことのギャップに男どもが欲情したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る