二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

女と薬物に溺れ…必然だった田口淳之介の“アイドル転落劇”

公開日: 更新日:

 女と薬物――。絵に描いたような転落劇だった。KAT―TUNの元メンバー・田口淳之介(33)が元女優の小嶺麗奈(38)と共に大麻取締法違反容疑で逮捕された。最新の情報では「10年前からやっていた」と田口は供述しているという。まさにグループ全盛期に使用していたとは、驚きである。

 以前から2人は六本木界隈で「半グレ」と呼ばれる遊び人仲間との豪遊が伝えられていた。大麻に手を出すのも時間の問題だったかもしれない。

「大麻は性的快感を得る効果がある」といわれカップルでの使用率が高く、快楽に溺れていくという。麻薬の常習者だった元アイドルから出所後に聞いた話を思い出す。

「都心のネオンは誘惑だけでなく女が多い。女を見ると麻薬を思い出してしまう。田舎暮らしが一番の良薬だと思う」

 アイドルグループ全盛期の2006年にデビューしたKAT―TUN。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る