山口達也とTOKIOの会見 ジャニーズ幹部の姿なかった不思議

公開日: 更新日:

コラム【芸能ジャーナリスト・佐々木博之が見た】

 ジャニーズタレントの中でも好感度が高かっただけに、TOKIOの山口達也(46)が起こした事件に、ショックを受けたファンは多いだろう。

 2日には、山口を除くTOKIOのメンバー4人がそろって記者会見を開いた。結論から言えば、4人の株は上がり、今のところTOKIOは存続するようだから、ファンは一安心。事務所の戦略はほぼ成功だったといえる。それでも、芸能界を長く取材している私には、いくつかの疑問点が残った。

 こうした芸能人の事件では「普通の会社員ではあり得ない」という一般社会との比較論や、「常識はずれ」という“芸能界非常識”論がもっともらしく語られる。もちろん、業界の仕組みは異なるわけだが、一般社会にも芸能界にも共有しなければならない“常識”があるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る