山口達也とTOKIOの会見 ジャニーズ幹部の姿なかった不思議

公開日:  更新日:

コラム【芸能ジャーナリスト・佐々木博之が見た】

 ジャニーズタレントの中でも好感度が高かっただけに、TOKIOの山口達也(46)が起こした事件に、ショックを受けたファンは多いだろう。

 2日には、山口を除くTOKIOのメンバー4人がそろって記者会見を開いた。結論から言えば、4人の株は上がり、今のところTOKIOは存続するようだから、ファンは一安心。事務所の戦略はほぼ成功だったといえる。それでも、芸能界を長く取材している私には、いくつかの疑問点が残った。

 こうした芸能人の事件では「普通の会社員ではあり得ない」という一般社会との比較論や、「常識はずれ」という“芸能界非常識”論がもっともらしく語られる。もちろん、業界の仕組みは異なるわけだが、一般社会にも芸能界にも共有しなければならない“常識”があるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る