本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

薬きょうが刺さって…野田の腕にかすかに残る青春の“痕跡”

公開日: 更新日:

 1960年代後半。

 多摩川河川敷に日大・国士舘の大学生たちが集結し、にらみ合いとなった。

 いまよりはるかに娯楽が少ない時代ゆえ、精力をもてあます若い男たちにとってケンカは最高のストレス発散の場だった。

 それにしても大学生が拳銃とは物騒だ。

「そのころって横須賀に原子力空母が入ったときに、自由時間になると必ず白人から黒人から、なにからなにまでみんな新宿に来るわけですよ。兵隊たちが小遣い稼ぎに大麻や拳銃を売りにくるんです。それか女ナンパしに来るのと2パターンですよね。拳銃の相場がいくらなのかさっぱりわからないですよ、僕らは。客からお店で預かったのは、拳銃を分解したやつですから。“野田、これ預かっといて”って。アメリカ兵が流した拳銃は6発入りだからリボルバーですね。実弾は安全のためか1発抜かして5発しかなかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る