本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

1994年に絶体絶命のピンチを迎えた野田義治と村西とおる

公開日: 更新日:

 巨乳軍団の異名をほしいままにした野田義治とイエローキャブであったが、意外なことに内実は左うちわでもなかったのだ。

「印象深いのは、村西のとっつぁんが寝泊まりしていたダイヤモンド映像の代々木上原のマンション、あそこに行ったとき、倉庫にあったはずの撮りテープが全部なくなっていたんですよ。ダイヤモンド映像が負債抱えて危ないっていう噂は漏れ伝え聞いていたけど、そこまでひどいとは知らなかった。部下の日比野(正明)たちに聞いても、わからない。彼らも辞める寸前でしたから」

 撮りテープは債権者たちに押さえられてしまったのだ。

 1995年。

 その村西とおるが崖っぷちにいた。

 放漫経営と衛星放送事業の失敗で巨額の借金を抱えて、ダイヤモンド映像グループは崩壊。村西とおるに50億円という途方もない借金が襲いかかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る