ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はオフィス北野の専務取締役。

メッタ刺しにSMショー…史上最○な結婚披露宴がスタート

公開日: 更新日:

 かくして、芸能史上最〇な結婚披露宴はスタートしたのだった。といっても、新郎新婦は実は大忙しでゆっくり披露宴を楽しんでいられないものと、その時知ったのだ。

 なにしろお色直しだけでもマリリン(新妻・初美)は白無垢、赤い着物、純白にグリーンのウエディングドレスと4着なので3回、俺も黒の羽織袴に白のスリーピース、そして忠臣蔵の浅野内匠頭と同じ、長過ぎてまともには歩けない長袴の3ポーズの2回と大汗タラタラであったのだ。

 長袴に至っては普通でも歩きがたいことこの上ないのに、軍団がもれなく袴の引きずるところを踏むもんだから、その都度ドタン、バタンと一向に進まない始末……。

 そんな状況の中でもインパクトのあるものは30年の歳月が流れようが鮮明に記憶しているもので、1つは媒酌人をTBSの部長・○邦彦氏ご夫妻にお願いしていて、たいがい媒酌人といえば、新郎新婦の人となりなどを紹介するものなのに、マイク片手に席を立つやいなや(てか、その時すでに酔っていた)、「どうも媒酌人を仰せつかったTBSの○です。ダンカンさん、初美さん、本日はオメデトウ!! じゃまず一曲」と、アメリカのカントリーの代表曲「ジャンバラヤ」をたっぷりと歌い上げてしまった(会場は大拍手。オイオイ!!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る