ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

メッタ刺しにSMショー…史上最○な結婚披露宴がスタート

公開日: 更新日:

 かくして、芸能史上最〇な結婚披露宴はスタートしたのだった。といっても、新郎新婦は実は大忙しでゆっくり披露宴を楽しんでいられないものと、その時知ったのだ。

 なにしろお色直しだけでもマリリン(新妻・初美)は白無垢、赤い着物、純白にグリーンのウエディングドレスと4着なので3回、俺も黒の羽織袴に白のスリーピース、そして忠臣蔵の浅野内匠頭と同じ、長過ぎてまともには歩けない長袴の3ポーズの2回と大汗タラタラであったのだ。

 長袴に至っては普通でも歩きがたいことこの上ないのに、軍団がもれなく袴の引きずるところを踏むもんだから、その都度ドタン、バタンと一向に進まない始末……。

 そんな状況の中でもインパクトのあるものは30年の歳月が流れようが鮮明に記憶しているもので、1つは媒酌人をTBSの部長・○邦彦氏ご夫妻にお願いしていて、たいがい媒酌人といえば、新郎新婦の人となりなどを紹介するものなのに、マイク片手に席を立つやいなや(てか、その時すでに酔っていた)、「どうも媒酌人を仰せつかったTBSの○です。ダンカンさん、初美さん、本日はオメデトウ!! じゃまず一曲」と、アメリカのカントリーの代表曲「ジャンバラヤ」をたっぷりと歌い上げてしまった(会場は大拍手。オイオイ!!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る