沢尻所有の粉末は錠剤より“重篤ジャンキー”を示唆する証拠

公開日: 更新日:

 薬物所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)の自宅から押収されたのはカプセルに入った“粉末のMDMA”だった。「これほど沢尻さんの依存度が重篤になっているとは驚きました」というのは薬物事情に精通する、さる人物だ。実はコレ、依存度の高さを示しているというのだ。

 報道されるMDMAの映像はラムネ菓子のようなカラフルな錠剤で、沢尻容疑者の所持していた粉末とは形態がまるで違う。

「粉末を持っていること自体、相当の常習者ですよ。街中で広まっているMDMAとはレベルが違う。粉末は純度が高く、カプセル1錠分で2万円くらいと高価。一般の人が手を出せないセレブドラッグで、依存度も高い。さまざまなドラッグを使って効果の強いものへと段階を踏み、行き着いたのがMDMAだったんでしょう。最初は1錠分で5時間効果が持続したものが、次第に2時間、1時間と薄れ、使用量が増えていくんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  8. 8

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

  9. 9

    AKB48“最後の1期生”峯岸みなみは芸能界で生き残れるのか

  10. 10

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る