沢尻所有の粉末は錠剤より“重篤ジャンキー”を示唆する証拠

公開日: 更新日:

 薬物所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)の自宅から押収されたのはカプセルに入った“粉末のMDMA”だった。「これほど沢尻さんの依存度が重篤になっているとは驚きました」というのは薬物事情に精通する、さる人物だ。実はコレ、依存度の高さを示しているというのだ。

 報道されるMDMAの映像はラムネ菓子のようなカラフルな錠剤で、沢尻容疑者の所持していた粉末とは形態がまるで違う。

「粉末を持っていること自体、相当の常習者ですよ。街中で広まっているMDMAとはレベルが違う。粉末は純度が高く、カプセル1錠分で2万円くらいと高価。一般の人が手を出せないセレブドラッグで、依存度も高い。さまざまなドラッグを使って効果の強いものへと段階を踏み、行き着いたのがMDMAだったんでしょう。最初は1錠分で5時間効果が持続したものが、次第に2時間、1時間と薄れ、使用量が増えていくんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る