本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

野田義治「基本、週刊誌とは喧嘩しないで仲良くしてる」

公開日: 更新日:

「野田さんのイエローキャブの子たちが、(スキャンダルを)撮られたのってあんまり覚えてないんですよ。隠し撮りよりもカラーグラビアで一緒に仕事したほうの印象が強いから」

 写真週刊誌幹部が野田義治を語る。

「(ビート)たけしさんがバイク事故起こしたとき、細川ふみえとの仲が取り上げられて、たけしさんが緊急入院した病院前で芸能リポーターの後ろに携帯かけてる野田さんが映り込んだっていうのは覚えているけど」

 普段はグラビアに水着で登場する巨乳アイドルのプロダクション社長として、野田は写真週刊誌とは友好関係にあるが、ときにはスキャンダル報道をめぐり敵対関係になったりする。

「野田さんはメディア側からしたら、対処しやすいほうだと思いますよ。話せばわかる。グラビア班のやつが言ってたけど、考え方がはっきりしてるから、ちゃんと筋を通せば変なことにならないって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る