本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

グラビアで選ばれる写真は出版社や雑誌によって癖があった

公開日: 更新日:

「かとうれいこは水着になるのをすごくイヤがった。撮影のときいつも。最初の写真集のときはバリ島で訳もわからずにやったからよかったんだけど、その後はもうほんとにグズる。もうオレ、撮りたくなかったもん、ほんとのこと言って」

 巨乳マイスター野田義治と共に巨乳ブームを築き上げたカメラマン・山岸伸が証言する。

 野田が擁したイエローキャブの女たちは、すべて水着に抵抗を示した。水着になるのがイヤでデビューを諦めたケース、よその事務所に移ったケースもあった。そんなリスクを抱えながら野田義治はなぜ水着にこだわりつづけたのだろうか。

「それは成功例があったから。水着(撮影)をやって知名度を上げてテレビで名前が出て仕事が増えたという成功例があったから、みんなイヤイヤながらもやってくれたんですね。その成功例というのは、(堀江)しのぶであったり、(かとう)れいこでした。2人の成功例がなかったら多分やってないし、僕もやらせてないですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る