本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

若き日の野田はモテモテだったが束縛されるのは嫌いだった

公開日: 更新日:

 我らが巨乳マイスター野田義治は、芸能界で男女の関係になったことはなかったのだろうか。

 本人に直撃するとこんな答えが返ってきた。

「マネジャーと恋愛してくれるタレントなんていませんよ。マネジャーと結婚したタレントって、オレが知ってるのは、水前寺清子さんのダンナさんとか、アグネス・チャンと金子さんとか。とにかくマネジャーなんて人間として見てくれないんだから。やっぱりうちの若い子に言うんだけど、一番面倒を見てくれるのはそばについているマネジャーなんだからって。でもほんとにタレントと結婚したマネジャーってうらやましいと思うんだけど」

 野田義治は過去に何度も結婚する機会があった。

「一番そういう機会があったのはディスコの支配人をやっていた歌舞伎町時代。そのころはモテたんです。ただヒモになるのが嫌だったんですよ。女から養ってもらうのは嫌だった。それからいざ結婚しようかというときに、一瞬考えてこの女の子と一生いるのかよって考えたら自信がなかった。学校の教師の娘とかいたけど。いまから思うと、その子と結婚したら人生変わったろうなと思うこと、ずいぶんありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る