本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

妄想こそがエロス「AVはボカシが薄くなってダメになった」

公開日: 更新日:

「いまのタレントのDVD自体が着エロ以下なのよ。過激を勘違いしてる。もう二言目にはアイスキャンディーをなめさせたり、バナナをくわえさせたり、ボールの上で上下させたり、マッサージ師の手が出てきたり」

 我らが巨乳マイスター野田義治が、セクシー系イメージビデオの安易な作りを嘆く。

「直接的過ぎるの。オレも揺れは撮りましたよ。まずは(巨乳の揺れを撮るとき)Tシャツ着させて下にゆるめのブラを着させて、“あっちからこっちまで走ってごらん”って言って走ってもらうんです。これだと言われた女の子も抵抗感ないじゃないですか」

 上下に揺れているものが服の上からでも確認でき、野田の言う妄想が刺激される。

「ところが風船の上に乗ってこれやらせたら女の子も抵抗感あるよ。わざとらしい。だからわざとらしくないように撮るってことが大事。そのほうが女の子の表情がより自然に出るわけじゃないですか。最近のイメージビデオ見たらAVのほうがもっとおとなしいんですよ。何これって。わざと縄跳びさせたり、バナナ直接はまずいだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る