ジャニー喜多川氏「性加害問題」で新証言 服部吉次さんと友人が明かした壮絶被害と恐怖の記憶

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏(2019年に87歳で死去)による性加害問題で新証言だ。

「東京ブギウギ」「青い山脈」など昭和歌謡の大ヒットメーカーで国民栄誉賞を受賞した作曲家の故・服部良一氏の次男で俳優の服部吉次さん(78)と、服部さんの同級生で友人の松﨑基泰さん(79)が15日、都内で記者会見を行った。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

 服部さんは、日刊ゲンダイ(7月5日6日付紙面)でも証言した通り、約70年前の小学2年生の時からおよそ2年半の間に受けたジャニー氏による性被害の苦々しい記憶について、各社の記者を前にあらためて証言した。

■「全部で100回くらいあったと思う」

「全部で100回くらいあったと思う。オーラルセックスされて快感を覚えてしまう嫌悪感とアナルセックスを強要される恐怖感に悩まされ、その後、悪夢を見るようになった」(服部さん)

 服部さんが日刊ゲンダイに“軽井沢乱行事件”の被害者のひとりの「M君」として語った松﨑さんも、今回の会見に出席し、ジャニー氏からの性被害について新たに語った。松﨑さんは服部さんと小学校1年当時から友達となり、当時、新宿区若松町にあった服部さんの自宅に遊びに行くようになったという。ある日、服部さんの家族と一緒に、当時は珍しかったテレビでプロレスの「シャープ兄弟」を夢中で見ていたところ、松﨑さんの顔をじーっと見つめるジャニー氏の不自然な視線を感じたのがジャニー氏との初対面の記憶。ジャニー氏は当時から服部家に出入りしていた。

 小学2年生になると、月に2、3回は服部家に泊まりにいくようになった松﨑さんは、遅くなるとジャニー氏に「車で送ってあげるよ」と言われ、世田谷区内の自宅まで送ってもらうようになった。帰りは決まってジャニー氏が住んでいた代々木のワシントンハイツに寄り、チョコレートやガムなどのお菓子をくれて、映画や演劇にも連れていってもらうようになったという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方