種苗メーカー「サカタのタネ」 注目浴びる画期的な“売り方”

公開日: 更新日:

「サカタのタネ」は国内最大手、世界でも5本の指に入る種苗メーカー(穀物除く)だ。農家や園芸家にはおなじみだろうが、“野菜は食べるのが専門”という一般的な消費者にはピンとこない。どうやって儲けているのか。小売商品統括部の廣瀬健一さん(42)に話を聞いた――。

「現在出回っている野菜のほとんどは品種改良を重ねた“F1品種”というもの。形や大きさ、味などが画一的で、収穫量も多いという優れものです。しかしそれは、一代に限られるという特徴があります。つまり“出来た作物からタネをとって植えても同じ物は出来ない”ということ。ですので、生産者の方々は毎回、タネを買って植えることになります。そのタネを作っているのが、私たち種苗メーカーです」(廣瀬さん)

 何だかあこぎな気もするが、丸いスイカが出来たり四角いスイカが出来たりしたら農家も困るだろう。我々消費者も安定的においしい農作物を食べられるのは種苗メーカーのおかげと言える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る