累計販売1300万個 超ロングセラー「人生ゲーム」の強さ

公開日: 更新日:

 タカラトミーの「人生ゲーム」といえば、ボードゲームの代名詞的存在だ。1968年の発売以来、ファミリー層を中心に支持拡大を続け、現在までに累計1300万個超を販売している。
 ルーレットを回してマス目を進み、就職や結婚、家の購入など「山あり谷ありの人生」を乗り越えて億万長者を目指す人生ゲームは、大人も子供も対等に勝負できるのが魅力だ。

「勝敗の行方はほぼルーレットにかかっている。つまりは『運』。だからプレーするたびに全く違うストーリーになる」(カード&ボーイズ事業部の武田誠氏)

 だから何度やっても夢中になれる。それがロングセラーたるゆえんだ。

 68年に発売された初代は、60年にアメリカで生まれた「THE GAME OF LIFE」を原型にしたもの。今につながる日本独自の発展は、83年発売の3代目が始まりだ。89年には、大人を対象にした姉妹品「人生ゲーム平成版」を発売し大ヒット。辛口の風刺をきかせた内容が好評で、シリーズは11作目(00年発売)まで続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る