一口チーズ「ベルキューブ」 酒に合う日本独自展開でヒット

公開日: 更新日:

 ベルジャポンが展開するフランス直送のチーズ「ベルキューブ」(販売元・伊藤ハム)が絶好調だ。ワインに合うフレーバーで人気を集める中、昨年発売の「ビールセレクト」が大ヒット。2013年はブランド全体で前年比118%の記録的な売り上げ増となった。

 ベルキューブは、野菜や香辛料を練り込んだ本格的な味わいのチーズキューブ。食べやすい一口サイズ、カラフルなパッケージが特徴で、おいしさはもとより、そのままで“おもてなし”になる見栄えのよさもヒットの要因だ。手軽な贅沢感がウケているわけだが、83年の発売当初は苦戦。上昇気流に乗ったのは00年代に入ってからである。転機は07年。ワインと合わせる王道路線を狙って、フレーバーを増やし、4品体制を整えたのが今につながった。

「当時、急伸していたのは手頃な価格の輸入ワイン。そこでベルキューブはデイリーワインにぴったりの、プチ贅沢なおつまみチーズとしてポジショニングした」(シニアブランドマネジャーのフィオレラ薫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  10. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る