一口チーズ「ベルキューブ」 酒に合う日本独自展開でヒット

公開日: 更新日:

 ベルジャポンが展開するフランス直送のチーズ「ベルキューブ」(販売元・伊藤ハム)が絶好調だ。ワインに合うフレーバーで人気を集める中、昨年発売の「ビールセレクト」が大ヒット。2013年はブランド全体で前年比118%の記録的な売り上げ増となった。

 ベルキューブは、野菜や香辛料を練り込んだ本格的な味わいのチーズキューブ。食べやすい一口サイズ、カラフルなパッケージが特徴で、おいしさはもとより、そのままで“おもてなし”になる見栄えのよさもヒットの要因だ。手軽な贅沢感がウケているわけだが、83年の発売当初は苦戦。上昇気流に乗ったのは00年代に入ってからである。転機は07年。ワインと合わせる王道路線を狙って、フレーバーを増やし、4品体制を整えたのが今につながった。

「当時、急伸していたのは手頃な価格の輸入ワイン。そこでベルキューブはデイリーワインにぴったりの、プチ贅沢なおつまみチーズとしてポジショニングした」(シニアブランドマネジャーのフィオレラ薫氏)

■震災直後の夏場に急伸

 定番「プレーン」に加え、フレーバーを3種類ずつセットした3品(ビストロ、ア・ラ・プロヴァンス、フロマージュ)を発売すると大反響。一躍ヒット商品となった。そして迎えた次なる転機は11年3月。シニアワインソムリエ監修の下、飲みたいワインに合わせて選べる提案型の商品へリニューアル。フレーバー展開の3品を「赤ワインセレクト」「白ワインセレクト」「フレンチオードブル」に改め発売すると、これが予想を超える反響を呼ぶ。実はこの年、本来4~6月に実施する販促を、震災により7~8月にずらしたところ、例年落ち込む夏場(6~9月)の売り上げが前年比144%と急伸したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄