日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一口チーズ「ベルキューブ」 酒に合う日本独自展開でヒット

 ベルジャポンが展開するフランス直送のチーズ「ベルキューブ」(販売元・伊藤ハム)が絶好調だ。ワインに合うフレーバーで人気を集める中、昨年発売の「ビールセレクト」が大ヒット。2013年はブランド全体で前年比118%の記録的な売り上げ増となった。

 ベルキューブは、野菜や香辛料を練り込んだ本格的な味わいのチーズキューブ。食べやすい一口サイズ、カラフルなパッケージが特徴で、おいしさはもとより、そのままで“おもてなし”になる見栄えのよさもヒットの要因だ。手軽な贅沢感がウケているわけだが、83年の発売当初は苦戦。上昇気流に乗ったのは00年代に入ってからである。転機は07年。ワインと合わせる王道路線を狙って、フレーバーを増やし、4品体制を整えたのが今につながった。

「当時、急伸していたのは手頃な価格の輸入ワイン。そこでベルキューブはデイリーワインにぴったりの、プチ贅沢なおつまみチーズとしてポジショニングした」(シニアブランドマネジャーのフィオレラ薫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事