一口チーズ「ベルキューブ」 酒に合う日本独自展開でヒット

公開日: 更新日:

 ベルジャポンが展開するフランス直送のチーズ「ベルキューブ」(販売元・伊藤ハム)が絶好調だ。ワインに合うフレーバーで人気を集める中、昨年発売の「ビールセレクト」が大ヒット。2013年はブランド全体で前年比118%の記録的な売り上げ増となった。

 ベルキューブは、野菜や香辛料を練り込んだ本格的な味わいのチーズキューブ。食べやすい一口サイズ、カラフルなパッケージが特徴で、おいしさはもとより、そのままで“おもてなし”になる見栄えのよさもヒットの要因だ。手軽な贅沢感がウケているわけだが、83年の発売当初は苦戦。上昇気流に乗ったのは00年代に入ってからである。転機は07年。ワインと合わせる王道路線を狙って、フレーバーを増やし、4品体制を整えたのが今につながった。

「当時、急伸していたのは手頃な価格の輸入ワイン。そこでベルキューブはデイリーワインにぴったりの、プチ贅沢なおつまみチーズとしてポジショニングした」(シニアブランドマネジャーのフィオレラ薫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか