経営危機をひと夏で黒字転換 「ごきぶりホイホイ」の爆発力

公開日: 更新日:

 アース製薬の「ごきぶりホイホイ」は、ゴキブリ捕獲器のパイオニアだ。1973年の発売以来、市場を牽引。圧倒的シェアで存在感を放っている。
 ゴキブリ駆除といえば、プラスチック製の生け捕り捕獲器が主流だった70年代初め、紙製の簡単便利な粘着式の「ごきぶりホイホイ」の登場は画期的なことであった。

「生け捕り式は捕獲後、水につけるなどして殺処理をしなければならず、特に主婦に不評だった。そこで(対抗商品として)、もっと手軽に処理できる商品をつくろうと考えた」(広報室の石神健一氏=写真)

 71年のある夏の日、当時の社長・大塚正富氏が、外で鳴くセミの声に、子どものころ「トリモチ」でセミを捕まえていたことを思い出し「これだ!」と直感。“紙の箱に粘着剤を仕込み、捕獲後はそのまま捨てることができる”というアイデアのもと、開発がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る