経営危機をひと夏で黒字転換 「ごきぶりホイホイ」の爆発力

公開日:  更新日:

 アース製薬の「ごきぶりホイホイ」は、ゴキブリ捕獲器のパイオニアだ。1973年の発売以来、市場を牽引。圧倒的シェアで存在感を放っている。
 ゴキブリ駆除といえば、プラスチック製の生け捕り捕獲器が主流だった70年代初め、紙製の簡単便利な粘着式の「ごきぶりホイホイ」の登場は画期的なことであった。

「生け捕り式は捕獲後、水につけるなどして殺処理をしなければならず、特に主婦に不評だった。そこで(対抗商品として)、もっと手軽に処理できる商品をつくろうと考えた」(広報室の石神健一氏=写真)

 71年のある夏の日、当時の社長・大塚正富氏が、外で鳴くセミの声に、子どものころ「トリモチ」でセミを捕まえていたことを思い出し「これだ!」と直感。“紙の箱に粘着剤を仕込み、捕獲後はそのまま捨てることができる”というアイデアのもと、開発がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る