経営危機をひと夏で黒字転換 「ごきぶりホイホイ」の爆発力

公開日:  更新日:

 アース製薬の「ごきぶりホイホイ」は、ゴキブリ捕獲器のパイオニアだ。1973年の発売以来、市場を牽引。圧倒的シェアで存在感を放っている。
 ゴキブリ駆除といえば、プラスチック製の生け捕り捕獲器が主流だった70年代初め、紙製の簡単便利な粘着式の「ごきぶりホイホイ」の登場は画期的なことであった。

「生け捕り式は捕獲後、水につけるなどして殺処理をしなければならず、特に主婦に不評だった。そこで(対抗商品として)、もっと手軽に処理できる商品をつくろうと考えた」(広報室の石神健一氏=写真)

 71年のある夏の日、当時の社長・大塚正富氏が、外で鳴くセミの声に、子どものころ「トリモチ」でセミを捕まえていたことを思い出し「これだ!」と直感。“紙の箱に粘着剤を仕込み、捕獲後はそのまま捨てることができる”というアイデアのもと、開発がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る